2020年4月25日

Amazonビジネス本ベストセラー1位「40歳でGAFA の部長に転職した僕が20代で学んだ仕事に対する考え方」〜あなたはメンターがいますか?

 

ワーケーション&パラレルキャリアで、世界を旅するライフコーチの野田千穂です。

大変な状況の中で、お仕事をなさっている医療従事者の皆様に心から感謝申し上げます。

 

Withコロナライフになり、増えた自由時間を読書にあてる方も多いのではありませんか?

みなさもすでにお気づきかと思いますが、長期化するであろうコロナショックにより、働き方、ライフスタイル、あるいは人生をも大きく再構築しなければならない方もいるのでは。

著者は、日本企業からGAFAの部長として転職しました。正確にはA社へ、友人ですから存じています()  現状の外へなかなか飛び出せないあなたに、刺激的な一冊。

 

 

目次

ロジカルに考えるとは?

内容は、この著書の寺澤伸洋さんが日本企業在籍時代の上司Nさんから学んだ「ロジカルに考えることの重要性と方法論」について書かれています。

ロジカルとは、「論理的な」「筋が通る」「理にかなう」などの言葉で表されています。ロジカルシンキングは良く耳にする言葉、直訳は「論理的思考」。ビジネス上ではこのロジカルシンキングが大きな役割を果たす力のひとつになっています。

対義語は、(情緒的に、感情的に)支離滅裂など。

実はこの著者の寺澤さん(てらっち)とは忘れられない出来事が。以前、私が主催しナビゲーターをつとめた「7つの習慣ボードゲーム」に参加なさいました。初プレイにもかかわらず、ロジカルな攻略方法で一番に成功者としてゴール!とても印象に残っています。この時のロジカルシンキングも、上司のNさんから学んだ影響かしらと推測してしまいます。

みなさまの仕事を効率良く、そしてアイデアを生むために、この本から上司Nさんとのやり取りと平行して丁寧に説明されている「ロジカルシンキング」をぜひ習得なさってみてはいかがでしょうか。すぐに実践したくなりますから!

 

 

メンターはいますか?

あなたの職場に、上司Nさんのようなメンターがいらっしゃいますか?

メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。

あなたの職場にあなたのメンターがいれば、メンターに仕事を教わり、メンターの思考をまねて実践していくうちに、あなたのスキルは飛躍的に伸びていきます。20代でメンターに出会えた寺澤さんと、職場に尊敬できる上司がいない方と比べたら、人生の時間効率が数倍異なってきます。

または、あなたが上司であれば部下のメンターになりうる存在ですか?

現在の寺澤さんは、絶対にNさんのような上司になっていると推測しています。

私がシリコンバレーで役員秘書をしていたとき、外国人のメンターがおりました。その刺激的な仕事環境のおかげで、その後念願の起業ができ、とても感謝しております。そのメンターとは今でも会話する機会があります。

 

Withコロナでテレワークになり、ご自分の時間が増えたあなた。

上記の視点でもあなたの職場、働き方を再考してみてはいかがでしょうか?

 

「ロジカルに考えることの重要性と方法論」、そして「ご自分の職場環境を再考する」機会を与えてくれるこちらの一冊、Withコロナ中に読んでおきたい一冊!

こちらは、Kindle Unlimitedでもアクセスできます。

 

 

 

 

 

【下記お受けしております】

□ 個別セッション

 

□ 苫米地式コーチング
最先端の脳科学に裏付けされたコーチング理論により、人間が本来持っている無限の能力を引き出します。セッションを通じて、クライアントのゴール達成を徹底的にサポートします。

パーソナルコーチングセッション 5回 / 月一回60分程度

 

お気軽にお問い合わせください

 

 

HP

 

chiho.noda insta