2019年6月22日

あなたの職種はいくつですか? パラレルワーク de ライフワークを愉しむ人々

永沢まこと

 

こんにちは
ワーケーション& パラレルワーカーのライフスタイルをもつ、ライフスタイルコンサルタントの野田千穂です。

 

20年来の友人たちと、1年に一度集う初夏のお楽しみ日

類友なのでしょうね、好きなことを仕事にして、パラレルワーカーで楽しんでいる人々。

食事方法もお仲間で、25年ほどゆるくシュガーフリー&青菜生活。3人とも、海外・日本で元気に動き過ごしております。

 

 

 

目次

ロゼシャンパーニュで乾杯、ケールサラダからはじまるランチ♪

 

永沢まこと

 

《 パラレルワークde ライフワークを愉しむ 》

好きなことをしていたら、三人ともこうなりました

  • オーバー80歳になってもご著書を出版
  • イタリア在で、企業勤めにラフティングインストラクター職が加わる

ご存知のとおり、私も4職種もつパラレルワーカー

 

 

 

《 永沢まことさん 》

アニメーター、イラストレーターとして活動ののち1978年渡米。ニューヨーク・ソーホーに8年間在住。現在は東京を拠点に、世界各地を旅しては幅広いテーマを描きつづけている。独特のユーモアがこめられた人間のスケッチ作品と、明るい筆致の風景作品は、広範な年代から高い支持を得ていて、多数の著書を出版なさっています。

 

現在、高校の教科書に永沢さんのスケッチ画が掲載されています。

そして、オーバー80歳の彼は、今年もご著書を世に出されました。

 

世界を旅する画家の思考は、晩年日本へ戻ってきたように思えたご著書

 

永沢まこと

ご献本いただきました

 

 

 

 

永沢まことHP

たくさんのお弟子様が先生になられ、思いおもいの人生を歩んでおられます

 

 

 

《 AKIE さん 》

は、今回イタリアフィレンツェから3週間の一時帰国

毎年恒例で、7回目となる大東文化大学での講義をなさいます。

 

 

現地アパレル企業でお勤めの他に、なんと……

今年ラフティングのインストラクター職が加わりました!! 二児の母

時には川から移動し、現地学校を訪問して地政学も教えているそうです。同僚は多国籍で楽しいとのこと、日本に居たころからラフティングには関わっていらっしゃいました。

 

 

永沢まこと

話尽くしたあとの記念撮影

 

 

 

個人セッションにて、パラレルワーカーになるには……

 

話は変わりますが、個人セッションで、20代の女性が増えてまいりました。

ご相談は、キャリアパスをどのように構築していくかということ。相談者の背景を伺って、具体的に複数のキャリアパスパターンをご一緒に描いていきます。ほとんどが海外とつながるキャリアパスになります。

 

その途中で、必ず尋ねられることは

「千穂さんのように、パラレルワーカーになるにはどうしたらいいのでしょうか。」

 

20代でしたら、まだキャリアパスを構築している最中、焦らなくても大丈夫です。

  1. 興味ある職種に就いてみる
  2. 降ってきたプロジェクト(仕事)をこなしてみる→ 興味あるものを知る
  3. 現職から、新たな興味の職へ転職

1、2、3、を繰り返し続けていると、経験から専門知識がいくつも積み上がってきます。

 

専門知識 x 強み資質 x 人とのつながり

 

で、自然と複数職で仕事していくことになります。

 

そして企業勤めから、フリーランスへ

その先は、会社経営や個人事業主へと移行する方々がみられます。

私もまさにその一人。

 

20代でしたら、まず多種多様な職、プロジェクトに関わってみてください。そこで、自分の好きなこと・興味あることを選択してみてください。経験の数、失敗の数(のちに成功の過程であることがわかる) を楽しみながら積み上げてください。

多くの経験を紡いで、ご自分のカラフルなタペストリーが出来上がってきます。

とてつもなく楽しい未来が待っていますから♪

 

キャリアパス構築については、また後日お話いたしましょう。

 

 

 

関連ブログ

 

『世にも美しいダイエット』と海外とつながるライフスタイルをもつ20年来の同志〜夏のランチ会