世界にひとつのmyライフスタイル

パラレルキャリアで生きていく

上海トリップ ② 浦東新区のスイートルーム・上海蟹全席・シェアリングエコノミー

上海トリップ ② 浦東新区のスイートルーム・上海蟹全席・シェアリングエコノミー

 

皆様、こんにちは

上海トリップ ① 渡中前・国際フォーラム・ 松江区で見てきたことのつづきです。

夕方の通勤渋滞になる前に、松江区から浦東新区へビジネスリムジンサービスで移動しました。浦東新区に入ると2010年上海国際博覧会の跡地が見えてきました。開催期間中、ちょうど上海出張になり、会場内だけでも見ておこうと入場したあの暑い夏が忘れられません。予想通りどのパビリオンも長蛇の列で、1つも見ることなく帰りましたが、良い経験でした。

昨今、すでに高層オフィスビルと高層マンションが無数に建築されているのに、まだ大規模工事が見うけられました。まだまだ需要があるようです。

 

中国の一人っ子政策が終わる

2015年10月に政策廃止。
「人口爆発」より「少子高齢化」が問題になったと言われています。年金や医療費など社会保障費を支えるために、働く世代の負担がますます重くなる恐れがでてきたゆえの政策変更。中国の将来を見据えた国策です。

それに比べて、日本の少子化対策は着実に進められ、その効果は本当に期待できるのでしょうか?少子化により、社会保障や福祉面で、若者の負担額が増えると言われています。なぜなら、福祉、医療や、年金等の社会保障の財源が不足するという問題が存在するため。短期では改善しない少子化、日本に明るい未来があるのか少し心配です。

 

今回のホテルはスイートルームで

次の日の帰国便が夜のため、レイトチェックアウト可能&広いお部屋をエクスペディアで探しました。いつも泊まる外灘エリアの5つ星ホテルが割高のため、今回は浦東新区に。タイミング良く、85平米のスイートルームがセールになっている米国系5つ星ホテルを見つけ、朝食付きで2万円代で予約完了。広いお部屋で我が家のようにゆっくりくつろぐことができました。こちらがリビング・ベッドルーム・バスルームです。

上海

上海

上海

松江のホテルよりもルームWi-Fi が遅かったのでフロントに報告。フロアマネージャーがルーターを持ってセットアップにきてくださいました。それでも遅く……まぁ今回は一泊なので、ネットに執着せず、街散策に出かけました。

 

インターネット生活が進んでいる中国

インターネットサービスが、いまや米国や日本よりも普及していると言われている中国。インターネットショッピングやインターネット決済(Alipay, Wechat pay)など、さまざまな領域で浸透しています。Facebook・LINE・Googleは規制されていますが、これらを除くともちろん日本以上にネット社会です。

 

自転車シェアリングサービス

タクシーで移動していると、駅のまわりでよく見る光景がこちらの自転車シェアリングサービス。自動車を持ちたい願望を聞きましたが、同時にこの自転車が便利に使われていました。
自転車を借りようとしている中国人男性に、私のつたない中国語で尋ねてみると。QRコード見えますか?これを読み込み、1時間1元(16円)で借りられるとのこと。近くの移動に便利そうでした。

上海

 

中国人もまってましたの上海蟹シーズン

ホテル到着後は、ホテルロビーにて現地の方と1件ミーティングを終えました。
夕食は、上海の友人とその友人たちと「上海蟹」を堪能しに出かけました。出張が上海蟹シーズンにあたれば、必ず戴くお楽しみごと♪

上海蟹=蒸し蟹が有名ですが、せっかくなら、上海蟹全席(上海蟹づくし)がおすすめです。
前菜~デザートまで蟹三昧!日本で食べるよりもとてもリーズナブルな料金で満喫できます。上海蟹全席は、大体300元(約5,000円)~500元(約9,000円)ぐらい、中でも陽澄湖(ようちょうこ)産は高価なものになります。この老舗店は、中国人が多く、個室もすべて満席。中国人もお楽しみの行事なのがわかります。シーズンは9月~2月頃、日本から本場上海に上海蟹を食べに行こう♪ツアーも楽しいかもしれませんね。

上海

上海

上海

今回のお店
王宝和酒家(オウホウワシュカ)
創業1744年、清時代より続く250年の歴史を有す上海有数の老舗レストラン。
上海市内中心にあり、古くから地元の人に愛され続ける名店。
上海蟹の最高級「陽澄湖」産のみを使用している為、厳選された本物の味が味わえます。

 

友人と久しぶりの再会で大盛り上がり後、私はタクシーでホテルへ。住んだことのある街は、土地勘があり、本当に移動が楽です。
夜のCNN放送で北朝鮮ミサイル実験のニュースが…… ふと、日本にいるよりもここ中国にいた方が安全ではないか、と一瞬頭をよぎりました。

上海

 

帰国便までゆっくり街を散策

スイートルームだから?ベッドの質もまあまあ良く、快適な睡眠がとれました。
9時半から朝食バッフェへ行き、コーヒーをいただきながメールチェック。もちろんFacebookとLINEは不通です(笑)
朝食については、このブログの次の上海トリップ③〜糖質制限食を実践する方法〜の中でふれたいと思います。

上海

レイトチェックアウトの14:00まで、ホテル周辺のローカルデパートと住宅地を散策。外国の地で、現地生活をうかがうのが好き。ですから、30代に海外4か国で暮らし、仕事をした10年間は本当に楽しく、貴重な経験でした。

上海

 

しあわせ度が上がると人は……

15年前から見続けている上海。中国の急激な経済発展により、まずはハード面(街の近代化・高層ビル・高速道路)が整えられました。年々個人所得が増え、マンション、家電、車が揃うまで生活水準が上がりました。そうすると何が変わると思いますか?

人が変わりました。
昔なら、自分さえよければの勝手な行動が目についたもの。今では、人々に笑顔が溢れ、他者に親切になり、マナーも良くなっています。生活水準が上がり生活が安定すると、自分が幸せを感じ心に余裕ができ、他者にも優しくなれる。万国共通ですね。

 

レイトチェックアウト後は、夜も便ですが少し早く空港へ。
久しぶりに浦東空港から搭乗で、浦東→羽田線。浦東空港内のJALラウンジが新しくなっていて、広く美しく使い勝手が良くなっていました。食事が前よりもかなり改善されており、その場で調理してくれる点心と麺もありました。

上海

おもわず、この旅のミッションコンプリートに、ひとり密かに乾杯♪ プロセッコと点心で。

 

余談ですが。22:30すぎに羽田国際空港に到着し、荷物が早くでてきたので、興味本意で動植物検疫で質問、

「上海蟹は日本に持ち込めるのですか?(買ってませんが、笑)」

「税関での判断になります。生きた上海蟹のみ対象です(死んでいるものは判断の対象外)」

持ち込めなさそうですね。活発性資質で、思いつきで質問しましたが、中途半端な締めで失礼いたします。持ち込まれる方は、事前に調べておいた方が良さそうです。

 

上海トリップ③〜糖質制限食を実践する方法へ つづきます……

 

 

プロフィール

chiho
野田千穂 です。
不動産コンサルタント、ならびに、ライフスタイルを提案するコンサルティング・セミナー活動をおこなう CNC 代表。パラレルキャリアを実践中。

国際線CA (日・英で)12年間、その後、海外ベースで、米国人エグゼティブ秘書など4ヶ国・7年、計10年間の海外生活を経て帰国。31ヶ国の訪問経験がある。現在も日本と海外を行き来するライフスタイル。詳しくはこちらをご覧ください。
Return Top