2019年6月7日

ハワイワーケーション⑧ 最終回 ナパ・カルトワイン1ダースの出会い・空輸・課税

ハワイ

 

こんにちは
ワーケーション& パラレルワーカーのライフスタイルをもつ、ライフスタイルコンサルタントの野田千穂です。

 

ハワイオアフ島のホノルルにステイ中

今回のコンセプトは

住むように暮らすワーケーション

いつものハワイワーケーションと異なる環境にしてみました。

 

これまで、今シリーズのブログをお読みくださったみなさま、ありがとうございます。

 

今回のシリーズはこちらから

 

 

 

目次

今回の一番わくわくする買い物

ナパ・カルトワインをお目当てに出かけました。

『ナパ・カルトワイン』とは、

1990年頃にカリフォルニアで誕生した言葉で、ナパ・ヴァレーで造られる極少生産の高品質・高級ワインの事を指します。特に、ロバート・パーカー氏などの著名なワイン評論家から高い評価を受けたことで一気に人気が集まったワインは、一夜にして入手困難な「超レアワイン」に。年々、価格が高騰し、多くのワインがオークションで高値で取引が行われています。
引用:https://www.budouya.jp/products/list.php?category_id=274

 

以下ご興味あれば

 

 

 

日本でのお祝いパーティ用に♪

昨今、お酒はあまりいただかなくなりました、いつも思考をクリアにしたいので。

ハレの日に、上質ワインを少量いただきます。

 

午前中のミーティングが終わり、タクシーでルンルン気分でいつものワインストアへ

 

ハワイ

天井のこのオブジェをながめながら地下へ

 

 

ハワイ

階段を降りるとシャンデリアとゲート、ステキ怪しげなエントランス

 

 

ハワイ

まずはいくつかのお目当てワイン名を尋ねる

(英語のみ対応)

私の口から発するワイン名に

すかさず、お店の女性が

Yes, we do have」をなんども! 

 

 

 

なんと、超レアお目当てワインがっ ♪

(ちなみにオーパスワンではない)

  • あるお目当てを5本 (店内にあるだけ)
  • もうひとつのお目当てを4本 (店内にあるだけ)

なんて、ラッキーなのでしょう。日本でなかなか巡りあえないワイン達にテンションが上がります。

12本、1ダースパッケージにしようと……

あと3本を決めるのに、店内を見渡すと

 

もっとも手に入りにくいカリフォルニアワインのひとつ、シャルドネが目に入りました。こちらの3本を加えて12本。

 

ハワイ

ワイン セレクションに15分、あっという間に決まりました。

ストアの女性たちとジョークを交わしながら、◯十万のお会計をカードで支払う。

 

 

 

 

さて、1ダースをどう持ち帰る?

帰国まであと数日あり、ホテルのお部屋では適温管理ができない。

そこで考えたのが………

私の帰国日に

タクシーで「ホテルワインストア空港」ルートでこの1ダースをピックアップしたいと提案すると

OK、快くお得意さま使用の保管庫で預かってくださることに!

 

ハワイ

バンク金庫のような

 

 

 

 

そして、帰国日のワインピックアップ

ホテルマンにタクシーをお願いするときに、1ダースのワイン運びを手伝ってくれるドライバーをね!と言葉を添えました。

アジア系の小柄なおじちゃまドライバーに。

私がタクシーに乗るなり、ナビに目的地のアドレスをここに入力して、と私に頼む……… 大丈夫かしらと思いながら

ところが、大変協力的でホスピタリティあるドライバーで、

地下のワインストアまで一緒に来てくださり、車まで運んでくださいました。

 

空港に着いたら、すべての荷物を見てるから、エアラインのポーターを呼んできていいよ。となんとも優しいおじちゃまドライバー(涙)

特に海外ひとり移動中に、協力者が現れると涙がでるほどうれしいものなのです。

もちろん、チップを弾みました!

 

 

 

JALチェックインカウンターで

ワインを運んでくださったポーターお兄さんにも、チップを渡し。

さすがJAL、カウンターの女性スタッフも丁寧な対応。まずは免責書類にサイン、そして梱包してくださいました。

カルト・ワインさん達、どうか無事に成田についてね!と願うばかり

 

達成感とともに、JALさくらラウンジでしっかり食事

ハワイ

リゾート ワーケーションと日本の夏に、大活躍のカスタマイズかごバック。尋ねられることが多くなりましたので、ご案内を下記に。

友人デザイナー

 

 

 

今回はJALでフライト。他社とくらべて、機内でも乗務員ひとりひとりのサービススキルが高いことがわかります。私がJALで国際線乗務員をしていたという贔屓目なしの評価で。

 

ハワイ

 

 

 

成田国際空港にて、課税ラインへ

カルト・ワイン達、無傷で無事日本に到着♪

 

税関では、忘れずに赤いランプの課税ラインへ進みます。

みなさん、お酒などの課税手続きをしたことありますか?

 

お酒の免税枠は容量で変わってきますが、だいたいお酒3本まで。その他はリットルごとに計算され、課税額が決まります。

 

ご興味あらば

 

今回12本で◯十万円の購入品

9本が課税対象 → 合計で 1,300円  

という意外とリーズナブルな課税額

税関職員がわざわざ丁寧に支払い窓口までご案内くださいました。

 

その後は、クール宅急便で自宅に配送手配

翌日午前中に配送され、我が家のワインセラーに!

すべてスムーズに事が運びました。

 

みなさま、海外旅行に慣れてきたら、ぜひこのようなお買い物で旅の香りを日本ライフに持ち込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ハワイワーケーションご機嫌に終了

すべての目的

  • アポイントメント5
  • 友人3名と再会
  • お買い物
  • 毎日のナイスビューとアロマで心身ともにリラックス

を果たせてました。

しかも何十名の方々にお会いできたのでしょう。

充実の8日間でした♪

 

 

 

ワーケーション後は、ルーティンの断捨離

毎回のトランクひとつで暮らす快適さの中で、自宅の捨てるものリストができあがります。それに従って、まず断捨離をします。

不要なものを捨て、そのスペースに新しい風が入る

その繰り返しのワーケーションライフ。

 

そして、思考は今月のプロジェクト・来月7月のワーケーションプロジェクトetc….  へシフトします。

 

シリーズでブログをお読みくださっていた方もいらっしゃり、数日のお付き合いをありがとうございました。

 

 

 

追記  帰国後に起こった事件、みなさまは回避できますように