2018年5月17日

予約が取れない名店で、仕事の依頼。シンクロニシティとビジョンボードについて

ひらやま

 

目次

「銀座 ひらやま」

数ヶ月前に友人から聴いていた予約がとれないレストラン。東銀座、新橋演舞場前のステーキ店で、かの有名な「ステーキかわむら」ご出身のお店。

友人としたお店の話は、すっかり忘れていたのですが……  偶然にもこちらで仕事の依頼をいただきました。案件は、米国人が同席するので、会食の場で通訳をするというもの。レストラン名を見て、「あっ!」と思い出しうれしくなりました。

 

ひらやま

冒頭の写真は、夕刻早めに伺いましたので、お店の方に会場である個室で写真をお取りいただきました。現首相もいらしたお部屋でもあります。

 

 

 

小さなシンクロニシティ

こちらのお店に伺えたことももちろん嬉しかったのですが、私にとってシンクロニシティが起きたことがさらにわくわくでした。

 

シンクロニシティ wikipediaから抜粋

“ シンクロニシティ(英語:synchronicity)とは、ユングが提唱した概念で「意味のある偶然の一致」を指し、日本語では「共時性」「同時性」「同時発生」と訳される。例えば、虫の知らせのようなもので因果関係がない2つの事象が、類似性と近接性を持つこと。ユングはこれを「非因果的連関の原理」と呼んだ ”

抜粋 終わり

 

 

 

シンクロニシティのわくわく

幼少の頃から、私にとってベストなタイミングで起こるシンクロニシティ。偶然ではなく、目に見えない力で、私の潜在意識と外を引き合わせてくれていると信じています。

人・もの・場所・情報

 

みなさんも経験がありませんか? よく引き寄せという言葉でも表現されています。私の場合は、

マインドマップ と ビジョンボード

 

を活用して、常に自分の望む “ものやこと” を明確にしています。今回の「銀座 ひらやま」は、そんなに強い願望ではなく、どちらかというとご依頼いただいたお仕事の方が私の強い願望でした。

主催セミナーの「世界にひとつのmyライフスタイル」のプログラムで、ビジョンボード編も開催しています。これは単にビジョンボードで未来を描くだけではなく、それを達成するための具体的なヒントや行動、方向性をブレストしアドバイスにつなげます。想いだけで、望みはそう簡単に叶うものではありません。もちろんそのための行動が必要不可欠です。

 

これは、『7つの習慣』の

「終わりを描くことからはじめる」

にもあてはまります。

 

多様多種なライフスタイルセミナーにご興味ある方は、最後の案内をご覧ください。

 

 

 

絶品のタルタルステーキ

コース仕立ての中のわずかなお写真ですが、ご紹介します。

フレンチレストランのような前菜の数々からスタート (お仕事なので声に出さず心の中で堪能、笑)。 私は、実は大のタルタルステーキ好き。もちろんそれなりのお店でしかいただけませんし、戴きません。選び抜かれたお肉を、鮮度高く調理なさっています。

 

ひらやまこれまでの人生で一番美味しかった、極みもタルタルステーキ

 

 

ひらやま

ミディアムレアでお願いしましたが、極みの柔らかさ。ステーキには、塩コショウなど、いっさい味付けしていないため、ステーキソースと塩をつけながらいただきます

 

 

ひらやま

こちらのエレガントなワイン、残念ながらほんの少し、たしなむぐらいに頂戴いたしました。通訳で頭をフル回転させなくてはなりませんでしたから。

 

 

次のシンクロニシティのわくわくを楽しむために、ひきつづき日々ビジョンを明確にし、潜在意識に落とし込み行動してまいります。

 

 

 

大阪myライフスタイルセミナーのお知らせ

6月9日(土) ビジョンボード de マイライフスタイルセミナー

 

6月10日(日) 起業・副業・転職のしかた de マイライフスタイル セミナー

 

 

グループセッションと個別セッション

 

 

 

タイミングがあう方、お待ちしております。