2018年5月11日

私のまわりはソムリエがいっぱい! バリューボルドー2018セレクション

バリューボルドー

こんにちは、ライフスタイルコンサルタントの野田千穂です。

ゴールデンウィーク明けの寒さで体調を崩していませんか? 来週は30度を記録する日があるとか。初夏に向かって、少し身体が困惑気味、皆様も体調に気をつけてお過ごしくださいね。

さて、今日はワインのお話から。

 

目次

ロンドンに住んでいたとき

ロンドンに三年在住し仕事をしていた頃、同僚はEU加盟国の方々(あの当時はイギリスもEU加盟国)。イギリスといえば、皆様のご想像通り、ほとんどがどんより曇り空、そして雨が多い天候の国。春になると、現地の人々はバケーションのことでそわそわ、頭の中は仕事どころではないのです。そんな彼らの会話の中に加わり、楽しくワインを飲んでいた頃が懐かしく思われます。

 

 

ボルドーワインフェスに誘われて

国際線CA時代の同僚Yさんが誘ってくださったワインフェス。CA時代の私の友人たちは、ソムリエ資格をお持ちの方々が多いです。ちなみに私はソムリエならぬ、ノムリエ(笑)。飲む専門、レストランやデパートのワイン売り場でソムリエに尋ねるというパターン。ワインフェスに誘ってくださったYさんもソムリエで、JAL在籍中に、南仏にワイン留学をなさったほどのワイン専門家。

そして、当日のワインミニ講座で、講師を担当していたJALの先輩方に出会いました。みなさま、退社後もソムリエや多方面でご活躍なさっていました。

 

バリューボルドー

「前職の専門知識 x 好きなこと」

 

をお仕事になさっていて、ライフワークを確立していらっしゃいました。

元CAの方は、その後マナー講師やソムリエでご活躍なさっている方々が多いです。私はノムリエのまま退職し、海外在住でビジネスキャリアを積みましたのでビジネス方面へ進み、今ここ、

 

「パラレルキャリア x ワーケーション」

 

のライフスタイルで、いろいろお仕事しています。同じ職場に在籍していても、

 

「好きなこと x 特技」

 

をかけ合わせ続けると、人それぞれ異なるライフワークを持つことになる、わかりやすい例です。共通点は、楽しくお仕事して、日々充実しているということ。

 

バリューボルドー

ワイン講師にはなれない私、講師気分で(笑)

 

 

仲間と気軽にワインで乾杯

バブル時代のワイン選びは、高価なヴィンテージワインを、高級レストランやホームパーティで飲み比べて楽しんでおりました。

昨今は、ワインを気軽に味わいながら、仲間たちと趣味を語らい、交流を楽しむ場が増えているそうです。そんなときのワイン選びを、解決してくれるのがこちら。

 

バリューボルドー2018 リスト

 

 

ぜひ、お好みのものを見つけてください!

 

 

 

バリューボルドー2018の100本が選ばれるまで

以下、フライヤーから抜粋

 

“ 2018年の選考会に向けて日本で流通する小売価格1,000円から4,000円(税込)のボルドーワイン間464本がエントリー。タイプと価格帯で分類されたワインを5名のテイスターたちがブラインドで試飲し、すべて10点満点法で評価していきました。結果、辛口で爽やかな白から貴重な赤、さらにロゼ、クレマン、甘口と多彩な顔ぶれに。”

 

以上、抜粋おわり

 

 

太陽が輝く季節に、ご友人、家族、恋人と、お祝いシーンなどの用途に合わせて、気軽にワインを楽しみたいですね♪

 

そして、私は、今回偶然にも以前在籍していた会社の方々に出会え、嬉しいご縁をいただきました。皆様が元同僚としばらくぶりでしたら、連絡してみてはいかがですか? さらに楽しい夏が待っているかもしれません。

 

バリューボルドー

再会の時は、バリューボルドー2018からお好みのワインも同席させて♪