2018年3月17日

ベトナム ワーケーション③ 仕事部屋 & ベジタブル朝食で始まる一日

ベトナム

 

ベトナム トリップ ①

 

ベトナム トリップ ②

 

 

 

ベトナム時間は、日本の2時間遅れ。ホテル到着はベトナム時間の深夜0時近くになりました。

 

ホテルも楽しみのひとつ

ホテル好きインテリア好きの私は、毎回異なるホテルを選びます。

前回は、豪快絢爛LHW6つ星ホテルのThe Reverie Saigon(ザ レヴェリー サイゴン)に宿泊。今回は落ちついたパーク ハイアット サイゴンにしようと……なんと満室でした。どこかの王族が貸し切っているでしょうか??

 

INTERCONTINENTAL ASIANA SAIGONへ

新しいホテルではないのですが、お部屋はきれいで清潔、落ち着いたインテリアで快適でした。もしお部屋が気にいらなくとも、夜中時間ですでに眠く、他のお部屋をリクエストという元気はありませんでした。

ベトナム

ベトナム

▲ リビング付きワンベットルーム

 

今回の仕事部屋は気分によって選べるように、ひとつは

ベトナム

▲ お部屋のリビング

 

もう一つは、人が多くないクラブラウンジ使用もお願いして。

ベトナム

 

ベトナム

▲ お昼間はスパークリングウォーターを、ハッピーアワーはプロセッコで喉を潤す

 

 

睡眠と朝食どちらを優先しますか?

夜中にホテル着で、就寝は日本時間の3AM。
いつもより短い6時間睡眠で起き、仕事先によるピックアップ9AMまで、しっかりベジタブル朝食を取りました。

いつもだいたい初日で定番の朝食メニューが決まる私です。

ベトナム

 

ベトナム

 

ベトナム

▲ スピナッチのジュース・ベジプレート・ベジオムレツ。

 

 

ベトナム

▲ 野菜大盛り麺少々のPho(フォー)をオーダー

 

そして、南国フルーツとコーヒーまでくると、本日のスケジュールとミーティングサブジェクトの確認をして。

 

睡眠が充分ではありませんでしたが、欧米のジェットラグに比べたら、アジア移動はなんとも体に優しいです♪

 

 

 

④へつづきます