2018年3月14日

ベトナムトリップ ① 気をつけるべき再入国30日ルール

成田空港

▲ 成田空港 JALサクララウンジ

 

今回は古巣のJALで、36℃のベトナムへワーケーションで行ってまいりました。

出発空港はまちがえませんでした!笑

前回まちがえて……

 

新春から、早足気味で日本の仕事を進め

  • 東京 大阪で5セミナー
  • 外国人宅リノベ2件→ 海外へレポート完了
  • 昨日は個別セッション

etc を終えて。

ゆったり気分で成田空港着。余裕があるスケジューリングはいいですね、自分で組める起業者の特権です。

 

知らなかった、ベトナム再入国30日ルール

成田空港のJALカウンターで、

JAL「野田様、30日以内のベトナム再入国ではないですか?」

チホ「いいえ。何かあるのですか?」

JAL「30日以内の再入国には、ビザの取得が必要です。御社で言われませんでしたか?」

チホ「えー!今まで知りませんでした。ひとり会社なので、笑」 ビジネスクラスカウンターでしたので、大企業の出張者に思われたようです。

在ベトナム日本国大使館 ホームページ

 

 

思い出した、昨年のタイ→ ベトナム入国時に……

「出国時の eチケット」を持っていなく、入国をハネられました(汗)

(どうしよう?)

入国審査近くのベトナム航空の地上スタッフに「予約画面を見せて!」

とお願いして、自分の予約をiPad撮り。それを提示してようやく入国できたのです。社会主義国の官人の対応、冷たし怖し…. 優しくする必要はないけれども。

アジアエリア、もう少し緊張感持ちましょうよ、わたくし!

 

 

久しぶりのデイフライト

今回は、羽田発着便が満席のため、成田発着便になりました。久しぶりのデイフライト、機内でゆっくり映画を楽しもうと搭乗しました、シャンパーニュ片手に。

海外渡航のときにいつも思うこと。

「ノーファンデー主義」は

本当に楽!

ホーチミンのホテル着は日本時間の夜中。チェックイン後は、こてっと寝てしまうこと間違いありませんから……

間違いありませんでした!

 

 

②へつづきます